プライバシーポリシー

2020-03-03
カテゴリトップ>BUZZ RICKSON'S FLIGHTJACKET>COTTON
No.BR14198 BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ
DECK A-2 U.S.NAVY
“CVW-3”
身 幅肩 幅着 丈袖 丈
3450cm42cm67cm60cm
3653cm45cm68cm62cm
3857cm46cm70cm63cm
4060cm49cm72cm64cm
4262cm50cm72cm65cm
4465cm52cm75cm66cm












INFORMATION
米海軍の甲板作業用ジャケットN−1の後継モデルとしてこのA−2デッキジャケットが採用された。前モデルのN−1と比較するとその色味や仕様素材に変化が見られ、表地はコットングログランからバックサテン地に、裏地はアルパカウールからナイロンボアへと変更されており、生産性とコスト面を見直した結果であった。仕様については釦とジッパーで開閉するフロントの比翼仕立てと袖口に内蔵されたリブなど基本的なディティールはN−1を継承しているが、襟の変更と胸ポケット、裾のアジャスターが追加されている。シンプルなデザインと必要最低限の機能性を兼ね備えたこのデッキA−2は、N−1に次いで着回しの効くジャケットとして名モデルとなるだろう。
A-2デッキジャケットは作業用防寒着として、艦隊勤務はもちろん、航空部隊の水兵や下士官にも広く支給されている。このジャケットはCVW-3(第3空母航空団)所属の水兵が愛用したもので、右胸には所属部隊であるCVW-3のパッチが付いている。CVW-3の歴史は古く、1928年に編成された「サラトガ航空グループ」がそのルーツである。その名が示すように、当時の空母サラトガの艦載航空部隊で、その後に勃発した太平洋戦争に投入された。第二次大戦後もいくつかの空母に搭載されて、朝鮮戦争でも活躍した。
そして1963年11月には、海軍の部隊名称変更に伴ってCVW-3と改称された。このジャケットの愛用者は1960年代末ごろに支給を受けたと推測できるが、この頃から海軍航空部隊では夜間の視野性を高めるために、防寒着にも反射素材を取り入れたテープを縫い付けるようになった。この反射テープの縫い付けは、各部隊の航空救難装備品整備のショップに対して「胴体部分の前後などに縫い付けるように」という簡単な作業指示書に沿って行われたため、部隊によってその縫い付け位置や長さが様々であった。

ITEM SPEC
MATERIAL Heavy Cotton Back Satin
LINING Nylon Pile
FRONT FASTENER Mil Specs Brass
LABEL U.S.Navy
《送料無料/BUZZ RICKSON'S/フライトジャケット》
価格
45,000円 (税込48,600 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
SIZE×COLOR
XSSMLXLXXL
01)CVW-3××1〜3日以内に発送1〜3日以内に発送××
×・・・売り切れ
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く