プライバシーポリシー

2020-02-09
カテゴリトップ>DIXCEL(ディクセル)>DIXCEL(ディクセル)>ブレーキローター>SDタイプ
ディクセル ブレーキローター ホンダ シビック EP3 01/10〜07/02 SD フロント 3311001S
■SDタイプ 型式別一覧表
車名型式年式備考/グレードF/R型番
シビックEP301/10〜07/02TYPE-RF本商品です
TYPE-RR3355038S

■SDタイプ 詳細
プラス20%の制動力がもたらす安全性!

・各種シミュレーションテストではPDタイプに比べ、摩擦係数が最大20%アップ!
・20%の制動性能の向上により、車輌の安全性が向上! ゆとりのあるドライビングが可能に!
・スリット本数は鳴き、摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し、6本に決定!
・スリットの幅、角度、深さなどは実戦データから最適な数値をチョイス
・回転方向はより高いシェービング効果が得られるようリバース回転(逆回転)を採用
・スリット位置をアウター/インナーでオフセットすることによりジャダーの抑制に成功

※ローターはイメージ画像です。形状はノーマル(純正)品と同形状です。
・ノーマルローターの性能値を「50」とし、弊社製品を100段階評価したものです。

・上記数値はあくまでも性能をわかりやすく表現するための指数となります。組み合わせるパッドによってその指数は大きく異なります。

・数値が高いほどノーマルローターに比べ、性能が向上しています。
逆回転・正回転での効果の違い
どちらの向きで装着してもスリットの効果は生まれるが、逆回転の方が正回転に比べて摩擦係数は高くなります。 しかし、その反面パッドの摩耗は逆回転の方が正回転より多くなります。以下、SDタイプの逆回転及び正回転での比較データになります。
上記データは弊社Zタイプを街中とサーキット併用で使用した場合を想定したテストデータです。パッドの材質によってデータの数値は変わります。また、使用用途によって摩耗値も変わります。 弊社ではこれらの特性を踏まえ、高い摩擦係数を発揮できるよう、6本スリットのSDタイプ、HSタイプ及びFSタイプは逆回転を採用。逆に12本スリットのSDTタイプ、HSTタイプ及びFSTタイプは、サーキットでの使用を考慮し、パッドのライフを重視する必要があるため正回転を採用しています。※1ピースローターでもベンチレーションに左右がある場合、回転方向に指定があり、逆向きの取付けは冷却効果が悪くなるのでご注意下さい。

■適合車種(お車と商品の適合を必ず確認おねがいします。)
メーカー車種年式(西暦)型式
ホンダシビック01/10〜07/02EP3
◆適合グレードおよび備考(要確認)
TYPE-R

update2019/4/19
DIXCEL(ディクセル) ブレーキローター SDタイプ フロント用 シビック 3311001S
価格
30,456円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
後払い不可  
通常1〜4営業日入荷次第発送 欠品時相談
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く