プライバシーポリシー

2019-11-27

【作家名】本荘正彦 【作品名】やわらかい風●画家名:本荘正彦

●作品名:やわらかい風

●絵のサイズ: W33×H21cm

●額装サイズ:W54×H43cm

●版画の技法:木版画

●サイン:作家直筆鉛筆サイン

●シリアルナンバー:39/80



本荘正彦さんが木版画で制作したポピーの花の絵「やわらかい風」は、2017年に制作された花の絵の木版画です。

風が赤いポピーを揺らしている素敵な花の絵の木版画です。

脇役としてサクランボも描かれています。

春の訪れを教えてくれるポピーの花は、ケシ科の植物の総称です。

ちなみに花言葉は「なぐさめ」や「いたわり」、「思いやり」、「心の平静」、「眠り」などです。

ケシ科の植物の実から採れる乳液には、入眠や麻痺の作用があるため、紀元前400年頃のギリシアでは麻酔薬や睡眠導入薬として用いられていました。

そのため「心の平静」や「いたわり」など、その効能にちなんだ花言葉が数多くあります。

相手をいたわる気持ちや、助けたい気持ちを表現するときにポピーの花を贈ると喜ばれると思います。

ギリシア神話に登場する豊穣の女神デメテルが、ケシの花を摘んで心を癒やしたことに由来して「なぐさめ」という花言葉がつきました。

また「眠り」という花言葉は、娘を奪われた悲しみから眠れなくなってしまったデメテルに、眠りの神ヒュプノスが、ケシの実を与えて眠らせたことにちなんでいるそうです。

この花の絵の木版画はプレゼントや贈り物に重宝しそうです。

本荘正彦さんが木版画で制作したポピーの花の絵「やわらかい風」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

本荘正彦さんが木版画で制作したポピーの花の絵「やわらかい風」は、2017年に制作された花の絵の木版画です。
価格
45,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜8営業日以内発送致します
残りあと1個です
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く